鬱の症状に早く気づこう【最悪のケースから逃れることができる】

サイトメニュー

ストレスで病気を発症

婦人

医師の指示に従う事が大事

人は生活していくうえで様々なストレスにさらされますが、それが鬱病を発症する原因となることもあります。学校や職場などでの対人関係、家庭環境など、うまくいかないことも多いはずです。もちろんこれだけで鬱病を発症するわけではありません。そのほかに遺伝や体質、その人の性格なども影響して病気を発症してしまうことがあるのです。几帳面で努力家、真面目なゆえに物事を深刻にとらえてしまい、鬱病になってしまうケースも多くなっています。この病気になると抑うつ気分が続くほか肉体的にも不眠、倦怠感などの症状が出てきます。これを病気だと考えて内科などで診察を受けてもその原因がわからないということも多くなっています。その場合医師は患者の状態から推測して鬱病を疑い、専門病院での診察を勧めてくれることもあります。この病気の診断や治療は精神科や心療内科といったメンタルクリニックで受けることができます。診察を受ける場合、可能ならば家族の付き添いが必要です。医師は患者だけでなく家族とのカウンセリングを通して総合的に病状を判断するのです。鬱病の治療は軽い場合は心療内科でも行いますが、症状が進行している場合は主に精神科での治療が必要です。クリニックでの治療は投薬とカウンセリングによる心理的治療が行われます。薬の場合は抗うつ剤や抗不安薬などが使われ、基本は一剤が原則です。しばらく投薬を続けて症状に応じて量を増やしたり減らしたりすることもあります。心理的療法は患者との対話でストレスの原因を解き明かし、また性格を改善するなどして症状を緩和させていきます。鬱病の治療で大切なことは、あきらめずに医師の指示に従って真面目に続けることです。症状が進行してしまうと完治するまで何年もかかってしまうことがあります。しかしこの病気は必ず完治するので服薬やカウンセリングを怠ってはいけません。また抗うつ剤なども処方に従って決められた分量を飲むことが大事です。最近調子がいいから薬を飲むのをやめようとか、早く治したいからと言って勝手に量を増やしてはいけません。薬の効果が薄い、体質に合わないと感じたときは医師と相談してほかの薬に変えることもできます。また鬱病は完治しても再発率が高い病気なので投薬はその後もしばらく続けられます。服薬をやめる時期は医師が判断してくれるのでそれまでは続けることが大事です。そのほかに大事なことは家族など患者の周りの人の理解と協力です。この病気は本人だけでなく周囲が病気のことを分かったうえで患者に接することが大事なのです。鬱病は心の病気なので知らなければ変わった性格だとか、不真面目な人だと誤解されがちです。仕事に集中しきれずうまくいかないこともあります。また無理に頑張ってしまい体調を崩してしまう場合もあるのです。周囲が鬱病の症状をよく知りその上で患者をサポートしてあげることが大事です。社会人になり仕事をしていると長期休暇などとりにくいこともあります。しかしこの病気は症状がひどい場合は長期休暇を取り、普段の忙しさを忘れてのんびり過ごすことも大事です。これにより、たまっていたストレスも解消し病気が劇的に回復することもあります。