鬱の症状に早く気づこう【最悪のケースから逃れることができる】

サイトメニュー

心の病を知っておく

カウンセリング

事前の情報収集が重要

以前はあまり馴染みのない人も多かった鬱ですが、現代社会において重い軽いを問わず症状が現れる人は増えつつあります。しかし一旦発症してしまうと、どうしても病気の対策を行うことが難しくなる場合も少なくありません。そのため他人事などと思わずまずは事前にしっかり情報収集を行っておくことが重要です。まずなんと言っても押さえておきたいのは自身が発症しているかどうかの判断です。仕事や悩み事が増えてくると、どうしても気分が落ち込みがちですが、場合によってはそれらが鬱の初期症状である可能性もあります。規則正しい生活がしづらくなり、急に寝付きが悪くなったり夜中目が覚めてしまったり、または寝すぎてしまうこと、これらも発病のサインであることが多々あります。また仕事や学業に対する極端な集中力低下もサインとなることが多いのですが、問題はただ落ち込んでいるだけか発病してしまったのかの境界が分かりづらいという点です。そのためにもしかしたらと思ったら早めに精神科医に相談すると良いでしょう。人によっては相談するのに抵抗があると更に悩んでしまうことがありますが、最近でははじめての人でも安心して利用できるように訪れやすい病院作りが行われています。また完全予約制なため、他者と顔を合わせてしまう心配も無用です。更に時間は限られていますが、初期の相談を無料で実施しているクリニックも徐々に増えています。そのためまずは無料の相談を受けてから、自身がそのクリニックでカウンセリングなどの治療をするかどうかの判断を行うのも一つの手です。鬱を治す方法は症状によって千差万別です。最も基本となるのがカウンセリングと投薬によるものの大きく分けて2つで、併用しながら、もしくはカウンセリングのみで治療が行われます。まず症状が軽い場合にはカウンセリングを主に行うこととなります。これは臨床心理士などの専門家が自身と主に一対一で会話を行い、症状の改善を行う治療方法です。しかし基本的に医師から指示をされることはなく、相談者が自身の悩みなどを打ち明け、それによって自身がどのように対策をしていけばよいかの手伝いを行ってくれるのが特徴です。また話したくないことは強制されることがないのも魅力の一つです。ただしどうしても人間同士の相性はある点については留意しておかねばなりません。次に挙げられるのが投薬による鬱の治療で、重度のものから軽度なものまで、鬱の症状に合わせて様々な種類の治療薬が存在します。そのため医師はカウンセリングによってこの患者には投薬による治療が必要か、症状が改善されそうかといった点をしっかり見極めながら判断を行います。しかし投薬による治療は効果が高い分副作用が重い物も多いため、医師が判断に慎重になるのは当然のことです。そのため投薬治療が受けられないからと言っても焦らず、じっくり治療を行っていく事が重要です。どの場合においても一回の治療で改善されることはほぼないため、遠方の病院で治療を受ける場合は医師に相談し、入院などを検討するのも選択肢の一つです。どの治療においても共通することですが、焦ると更に悪化することもあるため、じっくりしっかり治療を続けていくことをおすすめします。