鬱の症状に早く気づこう【最悪のケースから逃れることができる】

鬱の症状に早く気づこう【最悪のケースから逃れることができる】

サイトメニュー

カウンセリング

周囲との関係性を見直す

本人の前向きな意識も大事ですが、周囲の支えがどれぐらいあるのかも鬱病の発症を左右するポイントになります。人間関係の構築がそのままストレス耐性にもつながるため、喪失体験による抑うつ症状を防ぐためにも周囲との関係性を見直しておくことが大事です。

詳しく見る

カウンセリング

心の病を知っておく

鬱はまずなる前に情報収集を行うことが重要です。治療方法は症状によって様々で、カウンセリングや投薬によるものが主ですが、場合によっては併用して治療を行います。どんな症状であっても、焦らずじっくり治療を行うことをおすすめします。

詳しく見る

婦人

ストレスで病気を発症

鬱病はストレスや性格、対人関係などが原因で発症します。治療は投薬と心理的療法によって行われます。気を付けるのは医師の指示に従って続けることが大事で、あきらめては症状が改善しません。そのほかに周囲のサポートも大切になります。

詳しく見る

メリハリつけて健康維持

メンズ

自分の許容量を守ろう

長時間労働が続きすぎたり、環境が劇的に変化したりすると、人間はこれらの変化に対応しようとします。しかし、変化をしようとすると大なり小なりストレスを感じてしまいます。これらのストレスを消化することができ、変化に対応できれば問題は何も起きません。しかし、変化に対応できなければ体調を悪化させる原因にもなります。また、長時間労働などを続けることで慢性的な疲労が重なることで鬱病を発症することも知られています。鬱病の症状は2週間以上続き、気分が晴れることがなく、集中力が出ない状態や物事を決断することができなくなります。その段階で家族が異変に気づくことができれば速やかに病院に行き、専門医の診断を受けてください。発症した本人は判断力が低下している状態なので家族が注意して判断すべきです。そして、鬱病の診断が出れば、本人には適切な量の薬を服用することと十分な休養を取ることをしっかり説明をしてください。本人は自分が襲われている症状が鬱病由来であることに驚いています。鬱病の原因や症状について正しい理解があっても症状を受け入れることは困難なことだからです。家族は決してその病気の原因が本人の過失や弱さから招いたことではなく、がんばりすぎた結果ひどく疲れているのだからしっかり休んで、医者から出された薬を欠かさず飲んでいくことで元に戻ることができる正確のものであることを少しずつ説明していきましょう。決して、薬を飲んですぐに治る病気ではありませんが、家族が常についていることを本人に伝えることで長い治療を乗り越えることができます。よく鬱病は心の風邪と言われます。特に体に異常を感じないが、なんとなく集中力がないとか、やる気がない時があります。しかし、その状態が2週間も続き、何をしても面白くない、体がだるいなどの自覚症状が出ると明らかに異常な自体です。この状態が続いている場合は速やかに病院に行くべきです。自分で病院に行く決断ができる時はまだ軽症です。鬱病かもしれませんが専門医に判断を委ねるべきです。鬱病に良く似た症状の病気として甲状腺機能低下症や更年期障害などが知られています。自己判断で動いてしまうと結果として病気を悪化させてしまうことに繋がります。鬱病の診断が出て、やるべきことは医者の指導を良く聞き、休むことに罪悪感を覚えず、抗うつ剤を飲み続けることです。そして、焦らずに治療を継続してください。くすりを飲めば症状は少しずつでも消えていきます。体がラクになれば一刻も早く職場や日常生活に復帰したいと考えてしまいますが、焦って復帰して病気がぶり返せば本末転倒になります。そんな時も専門医に相談し、専門医は段階的に社会復帰に向けて治療計画を示してくれます。それらに従って動いていきましょう。また、家族が病気をしっかり理解していても、悪気のない周囲の人物がプレッシャーをかけてくるかもしれません。そんな時は、専門医なり家族に相談し、少しでもストレスを減らすようにしてください。1人で悩んでしまうと自殺と言う最悪のことを発作的に行いかねません。しかし、軽症なうちに治療を開始すれば最悪のケースから逃れることができます。

人気記事

カウンセリング

周囲との関係性を見直す

本人の前向きな意識も大事ですが、周囲の支えがどれぐらいあるのかも鬱病の発症を左右するポイントになります。人間関係の構築がそのままストレス耐性にもつながるため、喪失体験による抑うつ症状を防ぐためにも周囲との関係性を見直しておくことが大事です。

詳しく見る

カウンセリング

心の病を知っておく

鬱はまずなる前に情報収集を行うことが重要です。治療方法は症状によって様々で、カウンセリングや投薬によるものが主ですが、場合によっては併用して治療を行います。どんな症状であっても、焦らずじっくり治療を行うことをおすすめします。

詳しく見る

婦人

ストレスで病気を発症

鬱病はストレスや性格、対人関係などが原因で発症します。治療は投薬と心理的療法によって行われます。気を付けるのは医師の指示に従って続けることが大事で、あきらめては症状が改善しません。そのほかに周囲のサポートも大切になります。

詳しく見る